Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/useddomain/public_html/www.heidihudsonleick.com/hikaku/south-africa.html on line 15

Warning: file(http://www.e-information.biz/sys/link/36) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/useddomain/public_html/www.heidihudsonleick.com/hikaku/south-africa.html on line 15

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/useddomain/public_html/www.heidihudsonleick.com/hikaku/south-africa.html on line 17

南アフリカランドが取引可能な人気のFX業者を比較

Thank you for visiting my site.

南アフリカランドについて

scJsHost+ 南アフリカでは、国内のインフラ投資が盛んな上に資源価格上昇の恩恵を受けて高い経済成長が続いています。
しかし、好景気に輸入物価の上昇が加わり、インフレ圧力も相当に強まっています。そのため政策金利は、2006年末から引き上げが続き、10%を超える高い水準になっています。

◆南アフリカランドの概要
海外資金による鉱山開発投資や、2010年に開催が予定されているサッカーワールドカップに向けた国内インフラ投資の増加や資源価格の上昇などにより、南アフリカの実質GDP成長率は2004年以降、5%前後の伸びが続いています。
原油、食料価格の上昇や輸入コストの増加が影響し、南アフリカではインフレが強まっています。
南アフリカはアフリカ大陸の最南端に位置します。 金やプラチナのほか、レアメタル(希少な金属)と呼ばれるパラジウムやマンガンの産出量が世界1位である資源大国です。
また、アフリカでも数少ない複数政党制が機能する民主主義国家の1つとして、海外からの投資も多く、メルセデス・ベンツやBMWといった欧州の自動車メーカーが生産工場の拠点を構える「自動車輸出大国」ともなっています。

円を南アフリカランドに交換する場合、あるいは南アフリカランドを円に戻す場合、他の通貨と比べて若干為替手数料が掛かる会社が多いです。
為替手数料が掛かる場合は、為替手数料の負担により実質金利が表面金利よりも低くなりますので、手数料の低い会社を選ぶようにしたいですね。

南アフリカランド/円取引でFX業者を比較

scJsHost+ 30-day money back guarantee

merlintelecom is for sale

HugeDomains.com
var sc_https=1; gtag('js', new Date());
Dedicated to customer care gtag('event', 'pageLoad', { 'captcha': 1, 'captchafailed': 0, 'siteversion': 'HDv2' });